Q&Aよくある質問
Q&Aよくある質問

赤坂の当事務所の弁護士に困り事はご相談ください

幅広く対応

赤坂にある弁護士法人親和法律事務所では法律相談をはじめ医療介護分野におけるコンサルタントまで幅広く対応しており、その豊富な知識より多数実績がございます。事業再生や企業ガバナンス、コンプライアンス、債権回収等お困り事はまずご相談ください。

赤坂にある当弁護士事務所では法律相談から医療介護機関の経営に関するお悩み、事業再生から企業ガバナンス、債権回収等のお困り事等、幅広い分野のご相談を承っております。
ご相談やご依頼の際に寄せられるご質問にお答えしておりますので法律相談をご検討の際にはご参考の上お問い合わせください。
法律相談が初めての方やご不明点等がある方は当事務所に気軽にご連絡ください。
皆様のお悩み解決のために誠心誠意対応いたします。

任意後見制度に興味があるものの、まだ、自分の財産は自分で管理したいのですが。

ご安心ください。任意後見制度を申立てても、ご本人の意志能力が欠落しない限り開始されません。

法定後見と任意後見の違いは何ですか?

財産管理を委ねる方の判断能力によって区別されます。意志がはっきりしているのであれば、サポート役の人選はご本人が行えます。また、財産管理が正しく行われているかどうかをチェックする監督人を指名することも可能です。

法定後見制度のサポート役に、自分がなることはできるのでしょうか?

後見人に立候補することはできますが、最終的な人選は裁判所が行います。もしご自分で管理したいのであれば、判断能力があるうちに、任意後見制度を利用しましょう。

認知症気味の母が、トラブルや詐欺に遭わないか心配です

法定後見制度を利用して、お母さまにサポート役を付けてはいかがでしょうか。ご本人の判断能力により、三つの段階が用意されています。詳しくはお問い合わせください。

疎遠な親戚がいるのですが、連絡が付かない場合、相続から外しても構わないでしょうか?

後で訴えられたときに、抗弁することができません。遺産分割の最終的なゴールは、「遺産分割協議書」を作成し、相続人全員の署名・なつ印を集めることです

父親が多額の借金を残して亡くなった場合、その債務も相続されるのでしょうか?

相続されます。ただし、「自己のために相続の開始があったことを知った時から」3か月以内に「相続放棄」の手続きを取れば、プラスの財産も含めて一切の権利を手放すことができます。

遺言を作成する際、気をつける点を教えてください。

法律で定められた要件を守らないと無効と判断される場合があります。また、内容そのものがトラブルの種になる場合がございますので、どのような形であれ、専門家に確認してもらうことをお勧めします。

赤坂の弁護士法人親和法律事務所では医療・介護機関の経営にまつわるご相談から事業再生や債権回収といった企業経営のお悩みまで、法律知識と経営コンサルタントとしての知識であらゆるご相談に柔軟に対応をしております。

法律相談と経営の知識を併せ持つ当事務所がトータルサポートすることで皆様にとってより良い解決方法へと導きます。

赤坂の当弁護士事務所では企業経営者様はもちろん、相続や債務整理、不動産といった個人様のお悩みも承っておりますので少しでもご不安なことがございましたら抱え込まずに当事務所へご連絡ください。

ACCESSアクセス

赤坂で活動する弁護士として医療機関や介護施設のコンサルに強みがございます

弁護士事務所を赤坂付近でお探しでしたら、赤坂見附から徒歩4分の弁護士法人親和法律事務所へお越しください。 当事務所は法人様向けにコンサルタントをさせていただく一方で、個人のお客様からのご相談も多数承っております。 経営者に寄り添ったサービス提供を心掛け、皆様をサポートしてまいります。
アクセス
店舗名

弁護士法人親和法律事務所
住所

東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー4F

電話番号 03-6890-3072
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄駅 赤坂見附駅から徒歩4分
アクセス

赤坂で弁護士をお探しの人に安心のサポートを提供します

赤坂にて弁護士と経営コンサルを兼任する当法律事務所は、駅から徒歩4分でお越しいただけます。 当弁護士事務所は赤坂見附駅から国道246号線に進んでいただいたところにございます横断歩道を渡って左手に見えます赤坂Kタワーの4階に事務所がございます。 駅から好アクセスな上に、分かりやすい道なりにございますので、女性のお一人様でのお越しもご不便のない場所です。 経営者様や個人のお客様からのご相談を当事務所でお待ちしております。